ホームページは見てもらってナンボ。



ホームページは需要と供給の出逢いの場。Web-STYLE(ウェブスタイル)

 さてさて、ホームページの運営も“無いといけない”から費用対効果を考えて結果を出さなければいけない”になってきました。そりゃそうです、ビジネスは遊びじゃありません。※そうでない場合もあるでしょうが、そんなコトはここでは考えません。

 僕も打ち合わせに伺った際には、ホームページの制作費用を聞かれることがよくあります。しかし、本当に必要なコトは制作後の運用です。ウソじゃありません、ウソだったら制作よりも運営サポートをメインにしているうちの会社はとっくに倒産しているコトでしょう(笑)。

ホームページを知ってもらう

 ホームページを公開した後に行う大切なコトと言えば、“ホームページが出来たことを知ってもらう”コトです。

 今までのホームページ運営サポートに関するご相談の中で一度だけ、公開後3年以上経っているのにもかかわらずアクセス数の累計ががほぼ0という経験があります。YAHOOやGoogleで検索しても出てこないコトが原因だったのですが、YAHOOのカテゴリ登録をしないまでも、最低でもクローラー巡回の設定だけは必要です。つまり・・・

 山奥に豪邸を建てても知らなければ誰も遊びに来てくれません。

 というコトです。だからと言ってどこにでもリンクを貼れば良いというコトでもないのですが・・・この話は、別の機会にというコトにします。

 WEBやITにもいろいろなコンサルティングを行っている方がいるでしょうが、このホームページでは検索エンジンの仕組みや最適化の内容ではなく、蓄積したノウハウや実際に体験したコトを中心にご紹介します。※一般的な情報や言葉のニュアンス等で異なる部分も多々あるでしょうがご了承下さい。

 ちなみに運営サポートをご契約されていない企業様は、個人的にですが“YAHOOカテゴリ登録”だけは、費用をかけても登録するコトをお勧めします。

 了解を頂いた上で、クローラーの巡回設定だけを行い公開したホームページがあったのですが、6ヶ月間会社名でも検索できない及び上位表示されない状況が続きました。※リンク等でアクセス数の確保はしています。

ブランド化が大切

 つまりは、“ブランド化”です。

 アクセス数の多いホームページの共通点ですが、訪問者がYAHOOやGoogle、bingを利用して、何というキーワードで検索してからホームページへたどり着いたかを見てみると、圧倒的に“会社名”、“商品名”、“サービス名”で検索をしている人が多いコトが分かります。

 更に良いコトは、これらのキーワードで検索してホームページにたどり着いた訪問者は  購買意欲が高く、御社を目指してやってきたと考えられる点です。

 つまりは“地域+会社名(商品名・サービス)”というキーワードは、ネットやリアルの広告でカバーをしておいて、まずはロングテール(少ないビックキーワードとたくさんのスモールキーワードでホームページに誘導する)を目指すという感じですね。※具体的な話は別の機会にご紹介します。

 まだ、ブログを書くことにに慣れていないコトと専門用語は少なくというコトでだらだらと文章が長くなってしまいましたが、今回はこんな感じでどうでしょう。

 そうそう言い忘れていました。確かにホームページでは“良い商品”や“良いサービス”が売れるわけではなく、多くの人に知ってもらった商品・サービスが売れるようです。

 しかしながら、それはただのきっかけでしかなく一過性のブームで終わらず、ながく愛されるものはやはり良い商品であり良いサービスですよね。というコトで、今回はこんな感じでどうでしょう?

 いやはや。。