SEOはあくまで目的のための手段なんです。



SEOが必ずしも最適な手段とは限らない。Web-STYLE(ウェブスタイル)

 リニューアルして、海外から初訪問の方は、イギリスにお住まいのようです。ありがとうございます(笑)。

 そうそう皆さん、ホームページを運用するにあたり、アクセスログの設置は必須です。データに基づいてページの制作やネット広告などを手段として有効活用しないと費用ばかりかかって効率よいホームページの運用なんてとても出来ません。

 というコトで、基本となるログの見方なんかもいずれご紹介したいものです。それはさておき、今回は皆さんの大好きな(?)SEOについて少し考えてみようと思います。ええ、今度こそ少し・・・の予定です(笑)。

 ホームページ運営サポートの仕事をしているとYAHOOやGoogleの検索結果で比較的上位表示をしやすいキーワードとそうでないキーワードがあるコトに気づきます。今回は、そんなキーワード選びのちょっとしたポイントをご紹介します。

   まず、ホームページの競合が多い業種といえば、建設業さんや歯科医院さんでしょうか。(他にもあるでしょうが、ここは絞ってお話をしますね。)これらのお仕事は、エリア内にも数多い同業他社に囲まれていたりして、“地域+○○”のSEOですら難しいと言われています。

 では、ここからは一緒に考えて見ましょう。

 ただし、この記事を書いている現在の話なので、今ご覧頂いている貴方のネットを取り巻く環境が変わっていた場合には、ご了承下さい。

(1)福岡 建設 (2)福岡 リフォーム  YAHOOとGoogleで検索してみて下さい。

 YAHOOとGoogleの検索結果はほぼ一緒かもしれませんが、その表示状況は違っていると思います。

 YAHOOで“福岡 建設”と検索した場合、その結果の上の方にYahoo!ロコの表示と地図が出ているのに対し、“福岡 リフォーム”の検索結果だとYahoo!ロコの表示と地図は出てこない。これは現在“東京”や“大阪”で検索しても同じ表示結果のはずです。

 なぜ、こんな違いが出てくるのでしょう。

 詳細については、後々お話していくコトにします。先に次のスポンサー枠を見ると企業サイトは地域によって出ている数が違っているはずです。(案外、東京や大阪よりも福岡等の方がネット広告を出している企業様が多いように思います。)

 せっかくSEOを行い検索結果では1番になっていたとしても、まず、スポンサー企業のホームページが並び、その下にYahoo!ロコ(Googleだとプレイスですね。)が地図つきで企業紹介して、その下にやっとSEO1位のホームページが出てくるわけですから、結構スクロールしないといけませんし、一般の利用者から見れば10数番目に出てくるホームページという印象しか持ってもらえません。

 だったらSEOなんて意味が無いじゃない

  この話を日常の中で行うと、なかなか結論まで聞いてもらえず、まるで“SEO否定派”のように思われるんですが、肯定とか否定なんてどうでもいいんです。

 まぁ、こまけえことは良いんだよ・・・ってトコで、ひとつ(笑)。

 要は、SEOだけを特別視するのではなく、選んだキーワードによってネット広告やカテゴリ登録、別媒体との連携などの手段を使い分ける柔軟さが必要じゃないのでしょうか。

–検索結果・上位–

【スポンサーサーチ】 広告枠・入札して上位表示

【Yahoo!ロコ、Googleプレイス】 地図や企業紹介枠で目立たせる表示

【SEO・検索結果表示】 ホームページの評価順による表示

–検索結果・下位–

 一概にこうなるとは言えませんが、皆さんには目的のために選んだ上位表示させたいキーワードの現状での検索結果を調べた上で、どの位置を狙うかを考えて、その手段を選ぶコトをおすすめします。

 まぁ、手間も費用もかけず1番になんてコトはほとんど不可能なんです。※それこそ“成功した”ではなく知らない間に“成功しちゃってた”ってコトはあるでしょうが(笑)。

 もうひとつキーワードを考えるポイントです。

(1)福岡 歯科 (2)福岡 デンタル YAHOOで検索してみて下さい。

 それぞれ“歯科”と“デンタル”では、Yahoo!ロコの地図に表示される企業名が違っているのではないでしょうか。更に地域名に“インプラント”や“ホワイトニング”の組み合わせではどうでしょう。

 今度は地図も表示されなくなっていませんか。一言でキーワードと言っても、どうやら仕事(企業)とサーチエンジンに判別されているものと“業務内容”と判別されるものがあるようです。

 経験上、SEOするならば“業務内容”と判断されるキーワードにすべきかなと思います。

 そう!本来の目的はホームページへの上位表示ではなく、会社の収益を伸ばすコトです。

 SEOばかりにこだわっても仕方ありません。無駄な労力や費用は極力抑え、出来る限り大きな効果が出るよう工夫してみて下さい。大抵の訪問者が入力したキーワードは“会社・施設名”か“商品・サービス名”です。やはり、どんな時代も口コミ効果が一番なのかも知れませんね。

 本来ならここで、いよいよホームページに掲載する記事のポイントの話に入るトコなんですが、案の定、また話が長くなってしまいましたので、今回はこんな感じでどうでしょう?

 いやはや。。

その情報の価値は、ビジネスとして成り立ってる?


情報だってタダじゃない。その価値はいくら?

 突然ですが、趣味は映画鑑賞です。

 映画鑑賞というと“音楽鑑賞”や“読書”と並び趣味が思い当たらない一部の人が、とりあえず言っとけ的な趣味でもありますが(笑)。

 まぁ、映画館へは少なくとも年間30回ほどは足を運びますし、BD・DVD(今は懐かしいLD)も結構な数をコレクションしてますから、趣味(オタク?)と言っても大丈夫じゃないでしょうか。

 なぜ今回はこんな話をしているかというと“よく利用していた映画館が、今年の夏に閉館すること”なったからです。

 そういえば、スタンプカード映画鑑賞1回に付き1個スタンプを押してもらって、カードがいっぱいになったら無料鑑賞1回出来るというサービスも映画鑑賞4回で1回無料に、5回で・・・最近では、6回で1回無料と業界全体が不安な方向に進んでいる気もしないではないですね。

 さて、ここで映画館が“情報発信サービス業”として、ちょっと考えてみるコトにします。

 ・・・と言っても、あんまりしっかりは考えません。ただでさえ、文章に慣れていない上に話が長くなるタイプなので(笑)。

 まず、メリットとしては最新の映画を見るコトが出来る。デメリットとしては、そこまで行かなければいけないってトコでしょうか。ここでポイントは“お金がかかる”というコトをデメリットに入れていない点です。ビジネスを考える上で

 お金を払うコトは費用対効果が適正かどうかを考えるポイント

 であり、決してデメリットと考えてはいけないと思います。・・・というか、デメリットでしかないならビジネスではないです。

 では、エンドユーザー(お客様)を設定してみましょう。分かりやすい設定を例に出すと、税金を払っている人からもっと取るのか、払っていない人から払ってもらう仕組みを作るのかってトコでしょうか。(これについてもいつか機会があれば書きたいですね・・・って、ウソです。)

映画館が儲かるにはどうしたらを客観的に考える。

 まず、利用する側からすれば、サービスの低下は嫌ですよね。

 当然、足が遠のきます。今まで4回観たら1回無料だったのに、6回観ないと無料にならない。スタンプカードというサービスが最初から無ければ気にならない問題かもしれませんが、一度味わったサービスが無くなるコトはマイナス要素でしかありません。

 カップルやシニア、学生割引デーの廃止やレイトショーの値上げなんかも同じです。“映画は高いからレンタルを待つ”とか“お菓子とかこっそり持ち込む”なんて話を聞きますよね。

 結局、多くの人にとって適正価格でないと判断されたサービス業は廃れていきます。

 ですから、むしろ“1000種を超えるフード・ドリンクメニュー”ラインナップの充実とか逆に座席数を減らして“パーテーションを組んで個室っぽく”演出なんてどうでしょうか。(カップルにとってはラブロマンスの映画なんか雰囲気が良くなるかも・笑)。

 そうそう学生さんワンコインデーや500円上映の企画で満席ってニュースがありませんでしたか?

 YAHOOオークションの落札価格のチェックなんてしていると思うのですが、物には適正価格があり、だいたい同じ商品であれば落札される価格は同じです。

 まぁ、運はあるでしょうが、むしろその時をピークに落札価格は下がっていきます(プレミアの付く商品は別ですが)。それはなぜでしょうか。

 思うに“情報には旬がある”生ものだから、人によって価値が違う。

 そう考えると、こんなアイデアはどうでしょう。僕だったら初回に行きます(笑)。

 ・初日第1回目プレミア公開 5,000円(予約上映) 各出演者のプレミア挨拶(特別上映メッセージムービー)、パンフレットセットで、記念品プレゼント、フード&ドリンクサービス。

 ・初日(2回目から最終上映) 2,000円 パンフレットセット、記念品プレゼント

 ・2日目から1週間の上映 1,000円

 ・2週間以降の上映 500円

  映画が好きな人は、誰よりも先に見たい作品にはお金をかけます・・・多分。

 少なくとも自分がそうですから(笑)。要は、上映前半のターゲットはマニアの方で、その後は徐々に“機会があったら行こう”という潜在顧客を誘導していくという流れです。

 だいたい年に1~2回は貸切上映を経験しますし、初日上映でも空席が目立つコトもしばしば・・・どらにしても本職の方からの新しい提案が待たれます。

 本業の方からすれば、そんなコトは簡単には出来ないって話なんでしょうけど、個人の意見というコトでひとつ。結局、今回も長くなってしまいましたが、今回はこんな感じでどうでしょう?

 いやはや。。